生命と水

 

 

              ® TM 登録商標

1000度で300時間以上をかけて溶かした

無気性硫黄成分 および 各種の有害なミネラル成分を除去した

クリスタルのような澄んだ きれいな 良い塩です。

ホーム
上へ   

 

1.水

地がその姿を現わす前、太初に地球は水星であった。

もし山を削って海を埋めれば地球は2、500m以上の深い水に漬かってしまう。

地球表面積の70%になる大量の水のおかげで地球は快適な環境を維持することができる。

人体の70%は水で構成されている。

細胞と細胞間も水で、関節と関節間のやわらかい組織も大部分が水である。  

水は人体のすべての小さい空間ごとに満たしてあって臓器と臓器間、組織と組織間に摩擦に困っ た損傷を防止する。

96,500kmの血管を通じて酸素と栄養を供給してくれる血液も水なしには存在することができなく,新陳代謝のかすも水なしには体外に排泄されることができない。

水はわれわれの体で消化、吸収、循環、排泄など全過程にかけてなくてはならない存在である。

すべての機械がきれいに掃除される時に作動がうまく行くようにわれわれの体も水をたくさん飲んで掃除がうまく行ってこそその機能が増進されるのである。

水の循環が自然を快適にするように水の循環が人間の生を維持しているのである。

アメリカの著名な医学者、ルイス トマス博士は、すべての病にはたった一つの鍵がいる。

それの発見 によってすべての疾病を治めることができると話した。

そしてそれについて次のような考えをすることになった。

太陽系で生物が存在する所はこの地球だけであって地球上の水と言う存在が生物を誕生させるのである。

 水こそ生命の健康を左右する鍵すなわち黄金マスターキーと言う結論を得た。

 鋭利な洞察力で薬草を分類して、鍼術を整理して人間の健康の為に情熱を捧げたホズンは彼の東医宝鑑で水を33種に分けた。

早朝一番はじめに汲んだ井華水、寒泉水、千里水、玉井水など33種に水を分類ながら彼は水が病気と深い関係があることを説明している 。

イギリスの諺に「良い水を飲めば疾もかからなくて妾を寡婦で作るでもない」と言う言葉がある 。

良い水はわれわれの体を健康に作って悪い水はわれわれの体に疾病を呼び入れる。

われわれが飲む水の量と質がわれわれの組織の質を決めて病気に対する抵抗力を決める 人体の大部分である水こそわれわれの健康を左右する鍵である。

1955年世界保健機関であるWHOはClean Water means better healthという標語を掲げることがある。

奇麗な水こそすぐにわれわれの健康で ある。

それでは果たしてどのような水が奇麗な水やら? 自然でいちばん奇麗な水は露水である。

漢武帝は健康な生を生きる為に承露盤で露を受けて食べたと言う。

純粋な水が健康に良いと言うことは前前から人間が本能的に分かっていたことである。

フランスの小説家のセンテックズィベリは、水は生命に必要なものではなくて生命それ自体であると喝破した。

水はすべての生命の根源であり生命それ自体である。

人間は生命が孕まれる瞬間から水で始まる。

親の精液で生命体で孕まれて 羊水で成長発育する胎児期には97.5%が水分である。出生後3カ月が過ぎれば91%,8カ月後は90%が水分である。成長して大人にな れば70%に引いて60代が過ぎれば水分が体重の50%まで減る。

自然に水が多ければ新鮮で水が少なければ不潔するように、人間も水が多い時代には若さを維持して水が減りながら若さを失うことになることである。

現代科学が水の溶解能力を言いながら蒸留水に対する誤解が起こり始めた。

水は構造上すきまが多い液体であるのでこのすき間間に別な物質の元素を溶かして入れる。

これを溶解であると言う。水は分子すきまに別な物質を溶解する性質があるので特に蒸留水を飲めば何でも分別なしに溶解すると考えたことで ある。

だから蒸留水を飲めば一週間も経たずに死ぬ、下痢をするという誤説が社会に蔓延した。しかし去る30余年前から蒸留水だけを飲んで病気を治した事例がたくさん起こりながら 蒸留水に対する研究が活発になり始めた。今多くの学者は蒸留水だけがわれわれが安心して飲むことができる水であると口をそろえている。

水に対する誤った神話が壊れる所でわれわれの健康は始まるのである。

2.われわれが飲む水は安全なのか?

 健康専門家は一日に8コップの水を飲めと勧めるが本当にこの地にわれわれが安心して飲む水があるのか? 不幸にもわれわれに飲用水で提供される水たちは次のように汚染されている。

a.細菌による汚染

多くの種類のバクテリア、大腸菌、ウイルス、寄生虫に困った汚染である。このような細菌に汚染された 水を飲むので腸チフス、コレラ、疫痢のような伝染病にかかることができる。またこのような細菌を殺す為に使用する塩素が体に各種の怖い疾病を起こすことができると言うのが実際である。

b.無機質による汚染

われらが食べる水道水や地下水にはバリウム、カドミウム、タロミウム、水銀、鉛、銀、ベルリリウム、 コバルト、銅、マグネシウム、マンガン、モリブデン、ニッケル、テリン、ベナデイウム、亜鉛などが含まれている。特に鉛が含有された水の味が良いのに鉛は骨、腎臓、血液、中枢神経、末梢神経に 異状を もたらす。

c.放射能に因った汚染

核兵器実験、核流出事故、核物質を作る工場から出る排水などによって水が汚染していただけではなくて大気が汚染されて、雨水を通じて多い放射 性物質が水資源を汚染させている。

d.有機化学物質による汚染

有機化学物質を有機物質という。有機物質と有機ミネラルはすべて炭素化合物質であるから有機というがこの二つは全く別なことである。有機ミネラルは光合成を経たミネラルとしてわれわれの体に重要な構成物質である。有機化学物質には収支、化学肥料、殺虫剤 、農薬、クロロフォルム、7やロモボルム、アンモニア、タロミウム、トライクルロロペニルなどがあって飲料水に添加する塩素とフッ素もある。特に飲料水に添加する塩素と フッ素の解毒について警告する多い研究資料が出ている。

3.塩素とフッ素

クルロリンは塩素で第1次世界大戦時には毒ガスに使われた物質である。空気の中で0.1%程度だけあっても 瞬間的に息切れを起こして死んで、0.03%があれば1時間内に窒息死するほど毒性が強い物質である。ク ルロリンはバクテリアやウイルスの原形質を分解させて無くしてしまうこわい殺菌力を持っている。この卓越した 殺菌力の為にバクテリアを殺菌させることに使用されている。最近アメリカ環境保護庁(Environmental Protection Agency)の研究によればクルロリンに因って生じる化学物質である トリハロメタン(THMs)がクルロリンよりはるかに危ないと言う。THMsはその主成分がクロロフォルムであるのにこれが発癌物質と言うことである。

フッ素(Fluorine)は虫歯を予防すると言って30年前から使用し始めた。フッ素(Fluorine)が虫歯を予防することはできるがたくさん使用すれば歯牙と骨格に害になるだけなくて頭脳にも悪い影響を及ぼすと専門家は言っている。 ジョセフ モルガン博士はクルロリンとフッ素(Fluorine)を入れて処理した水を長期間服用すれば次のような症状が来ることがあると警告する

耳鼻咽喉に来る症状:結膜炎、鼻水が起って鼻が詰まり、蓄膿症のように黄色い鼻が鼻腔に溜ること、 口中が壊して痛い症状

呼暇器に来る症状:気管支炎、気管支喘息

骨格と筋肉に来る症状:筋肉が強くて痛み、関節痛、関節炎 皮膚に来る症状:蕁麻疹、部分的に皮膚がそそぐ症状

全身に来る症状:体がそそいで、不安で疲れ このような化学物賀から解放される道は純粋な水を飲む方法以外にない。それだけではなく蒸留水は細胞膜をまとって包んでいる無機鉱物質を溶解して酸素の出入りを自由にするので癌細胞が増殖することも抑制することになる。

4.水の種類

a.水分子構造上の分類

水は水素二つの原子と酸素である(一)原子で構成されてある。

水素には原子量が1の水素、2の水素、3の水素があって、酸素には原子量が16の酸素、17の酸素、18の酸素がある。

これらが結合によって専門家は構造上に見るとき水には18種類の水があると言う。われわれが飲む水は18種類の水分子の混合物である。ここでで水分子量が高い水は中水であると言って水分子量が低い水は硬水であると言う。 中水は細胞内外で物質移動をゆるくするので酸素供給を円滑にすることができなくする。蒸留水は摂氏100度から沸く。しかし中水はもっと高い温度で沸く。それは水分子の運動がゆるいものを言う。水を沸かして 飲めば中水を摂取することになって体に良くない。そして浄水器は中水をこすことができなくて水分子の重さが軽い硬水を飲むには蒸留水機を使わなければならない。蒸溜水を作るとき底まで蒸発される蒸留水機は中水まで蒸発されて良くないので可及的なら底まで蒸発されない蒸留水機が良い。

b.クラスター(水房)形態による分類 五角水、六角水

水分子は−電気を帯びている酸素原子に+電気を帯びている水素二つの原子が付いて成り立ったものであ る。水素二つの原子が酸素に付いてある角度は105°だ。傾くように付いてある形の為に水分子が房を成すことである。   

クラスターの形によって五角水、六角水、または機能水であると呼ぶ。全武植博士が書いた水と言う本を見ればその構造を維持している時間が「1千億分の1秒」にほかならない程度にじっとしていなくて絶え間なく動かすのでだれも クラスターを見たことがないと言う。しかし水の角度に見て充分に水分子集団を成すと考えることができる。 六角水を売る会社のスライドを見れば水が汚染されてある時は互いに凝り固まって秩序ない形を成す。純粋な水であればあるほど正6角形の形を作るのに、対称をうまく成したこの正6角形の水だけが細胞膜を経て細胞内に入りながら栄養分を供給して、出ながら老魔物を持って出ると言う。このクラスターの形は六角水を作る為に添加する添加物の結晶体によって変わるだけなくて、温度によって変わって、周囲の波動によって変わって、または時間が経過することによって変わると言う。その形がどうだった間に確かなものは汚染された水では六角水が作らないと言う実際である。

六角水を作る為に蒸留水に添加物を入れるのに六角水を宣伝する会社の水写真を見れば蒸留水は六角水である。一般的に水が冷たくなると六角水になると言う。もし 蒸留水が六角水なら人工的に作った六角水より自然のどおりの六角水の蒸留水をそのまま使うほうが良くないだろうか。

5.良い水と言うのは?

わが周囲には多い水たちがある。

 水には:生水(raw water)、硬水(hard water)、軟水(soft water)、温泉水(hot spring water)、沸かす水(boiled water)、雨水(rain water)、雪水(snow water)、濾過水(filtered water)、脱イオン水(de-ionized water)、氷河水(glacier water)、蒸留水 (distilled water)などがある。                   

この多い水たちの中でどのような水がわれわれに良い水だろうか?

 a.生水、硬水、軟水

生水と言うのは沸かさない水である。この水は硬水のこともあって軟水のこともある。一般的に生水にはバクテリアとウイルスがある 危険が多い。硬水は無機ミネラルがたくさん含有された水であって、軟水は無機ミネ ラルが少く含有された水である。100t水中に 炭酸カルシウムが10ml以下を含有していれば軟水であると言う。一般的に温泉水や薬水には無機ミネラルが多量含有されてあるので大概の温泉水や薬水は硬水である。

b.沸かす水

 水は摂氏100度から沸く。しかし水が沸く温度で破壊される菌は一部に過ぎない。 すべての微生物が100度からすべて死ぬのではない。それだけではなく、沸かすと言って無機ミネラルが 除去されることでもない。

c.雨水、雪水

雨水や雪水すべて蒸留水であるが大気に汚染されている。無機ミネラルと、バクテリアだけでなく放射能落塵まで含んでいる。

d.濾過水

フィルター式と逆浸透膜を利用した濾過水がある。濾過水にはフィルターや逆浸透膜が細菌の繁殖 処になることができる。

e.脱イオン水、アルカリ水

水に溶解された鉱物質は単純な鉱物質の元素状態ではなくて酸性塩またはアルカリ塩で溶解になってある、鉱物質が酸と化学的に結合したものを酸性塩といってアルカリと結合したものを アルカリ塩であると言う。

この塩たちが水に溶ければ鉱物質は+電荷を帯びて、酸基やアルカリ基は-電 荷を帯びる。この水に+電極と一電極を刺せば+周辺には酸基とアルカリ基が集まって-周辺に鉱物質が集まる。ここで-電極に集まった鉱物質を除去すれば鉱物質がない水、すなわち脱イオン水を得ることができる。 この脱イオン水にイオン交換機収支を設置して酸性塩の陽イオンを水素で代えてくれて陰イオンを水酸基に代えてアルカリ塩だけ残して置く水をアルカリ水であると言う。そして脱イオン水を逆浸透法で濾過させれば中性の水を得ることができる。脱イオン水ではイオン交換膜が細菌繁殖処になることができる。 pH(ペエハア)は水素イオン指数としてpH7を中性にして数字が低くなれば酸性であって数字が高まればアルカリである。純粋な水は温度によって変わったり、振ると空気中のCO2と合わせて酸性に変わる。高純度の水ではpH測定が事実上無意味だ。良い例にした科学者がメガオム(電気抵抗力の単位:100万免)の水サンプルをpH測定器で計ったとき6.5であったことが棒でうまく混ぜる後に計かりから4.5であった。それは水を混ぜる間空気中の炭酸ガスが溶けて入ってpHを低めたからである。そうとしてもこの水がわれわれの体 を酸性化させればそうではない。この水にはいくらかの塩を入れればpHが8以上に上がる。そうなので水に含まれたいろいろな成分は無視してpHだけ持って話すことは誤ったものである。 水は中性の水を摂取して?体酸性化を防止する為には菜食するほうが良い。なぜならば水がアルカリであ るか酸であるかと言う水自体の性質ではなくて周囲環境変化によることであるので肉食をしながらどんなにアルカリ水を食べても仕様がないことである。蒸留水はpH7で中性である。蒸溜水が空気中の炭酸ガスと合 わせてpHが7より少し低い中性を維持する為に空気を遮断させる必要はない。かえって少し酸性に傾いたこ の状態がアルカリ状態より新鮮度をさらに長い間維持することができる。体の酸性化を防止することは純粋な水と良い食生活を通じてすることがいちばん良い方法である。                                            

f.氷河水

蒸留水に近い水である。氷河が溶けるる水が凍り付いた地下で染み込むことができなく 氷上を流れて出そうと来ることで無機ミネラルの含量が少ない。世界3代長生き村のエクアドル ビル、 カーバムバ、コカサスのアブハザ、ヒマラヤ山麓のフンザ地方の人々はすべて氷河水を食べる 人間が自然で得ることができるいちばん純粋な水である。しかしいまさらは氷河水も全く汚染されない水であ ると話すことができない

 g.蒸留水

水を沸かせば水中にある大部分のバクテリアが死ぬだけではなくて、鉱物質やすべての汚染物質を残して純粋な水だけ蒸気になって上に上がって行く。この蒸気を冷まして作った水を 蒸留水と言う。水道水やスーパーで買って来たミネラルウォーターを蒸留水機に入れて蒸留水を作ってからは底にたくさんの不純物が残っているのを見る。胃腸、小腸、大腸を経て吸収された水は血液を通って全身に伝達されながら細胞にまで供給される。 そうなので細胞にどのような水が必要なのかを分ればわれわれが飲む水がどのような水なのかを分ることになる。細胞の中にある水は純粋な水である。細胞膜は半透膜で溶媒は通過させて溶質は通過させないので無機ミネラルは外に残るように純粋な水すなわち蒸留水だけ細胞内に持ち込むことになる。そうなので 蒸留水だけが細胞内で老廃物を持って出て腎臓も皮膚を通じて排泄させることができる。

・蒸留水は

一水が蒸気で変化しながらすべての不純物を後に残した後に再び凝縮された純粋な水である。

一無色、無臭、味わいがない完全な自然水である。 一組織に損傷を与えなくて細胞の中に入って行くことができる水である。

−強い溶媒性で栄養素を溶かしてわれわれの体の各細胞に伝達する。

一新陳代謝で生じた老廃物を溶かして排泄する。

−われわれの体で使用することができる鉱物質は置いたから細胞に入ることを拒否された鉱物質は溶かし体外に排泄する。

血液の為の完全な媒体で、身体の多くの機関たちの機能を円滑にする液体である。

6.金魚も蒸留水が好きだ。

水道水と蒸留水にそれぞれ金魚を育ててみればどのような水が金魚に良い水なのかをすぐ分ることができると言う。水道水で育った金魚は黄ばんでいるのと体が小さくて泳ぎ回る姿が活発ではない。しかし蒸留水で育った金魚は色が鮮明で、体が大きくて動く姿が活発だ。金魚が蒸留水で生きていることができないと言う言葉は誰が作り出した言葉なのかとんでもない誤説である。(イセフィ著,水、どのように選ぶか?51ページ参照)  

水に対する本を読めば動物は一様にある水を飲むかを分ると言う。鳥籠に蒸留水と水道水を置けば初めには何の水でも飲むが、いくらか過ぎれば必ず蒸留水をのむ。位置を代えて置いても例外なしに蒸留水を探して飲む。どのような水が良い水なのか小動物は分るのである。しかし人間は蒸留水に対する誤った常識で蒸留水を薬用だけで考えて飲用水とは思わないのである。小動物が好きな水、人間の細胞が好きな水、私の遺伝子が好きな水、水の主人である魚が好きな水、そのことがまさにわれわれが飲む水である。

 現代科学を知らなかった昔、本能で薬草をえり分けて疾病を治していた時代、医者たちは漢武帝に承露盤で露を受けて食べれば健康で久しく生きると話した。小動物が本能で純粋な水をえり分けて飲むように、人間も本能的に純粋な水を飲んでこそ健康に良いと言うことを分った のである。本能が要求する水、鳥が好きで魚が好きな水、それは純粋な水、すなわち蒸留水である。

7.どのように良い水を得るのか?

先進国や後進国で水道水をただで飲むことができないと考えるのはもう古くなったことである。しかし生活用水中食用水は1%にもならない。1%にもならない食用水の為に100倍も多い水全体を良く作る為に国が施設投資をすればわれわれは今より何倍もさらに高い水道料金を払わなければならないだろう。そうなので自分の水は自身が解決しなければならないことになる。

a.地下200m岩盤で引いて上げた地下水

地下200m岩盤で引いて上げた地下水は汚染されなかっただろうと考えることは単なる希望でしかない。地下水をたくさん汲んで上げるほど地表水は迅速に地下に下がる。その通路は土木工事や地質調査または下水を掘っていて生じた穴たちである。その通路に沿って汚染された原水が迅速に地下に下がっていると言う 実際である。われわれが食べてもいい鉱物質総溶解数値は70でソウル近郊の地下水は130−300であると言う。(イセフィ著、水どのように選ぶだろうのか?131p参照)

b.フィルター浄水器

フィルター浄水機の濾過限度は5ミクロン程度である。しかし水には0.3ミクロンもならないバックテリアやウイルスがあるのにこれらは排泄しなくてそのまま通過される。さらにフィルターを長い間使えばそれは大腸菌やバクテリアの温床になる。カーボンフィルターは水に7、8分にわたって次第に濾過させるのに通水量を増やす為に水道の栓から水が出るように水を出させる浄水機は水を浄水させることができない。

c.逆浸透膜浄水器

一般浄水機は水の重力によって水がフィルターを抜け出す程度にフィルターの濾過限度が大きい。しかし逆浸透膜浄水機は濾過限度が0.001から0.45ミクロンの膜を使用して水の中力では水が抜け出す ことができなくて圧力を加えて水分子が抜け出す。逆浸透膜浄水機の短所は水に圧力を加える為に電気の消費量が多いと言うことと、逆浸透膜を通過することができなくて消費される水が浄水される水の7−12倍になるので水の浪費が多いという点である。

d.軟水器                               

− イオン交換収支を使用して硬水を軟水に代えてくれる。

軟水機は重金属やバクテリアを 除去させて低塩食をする患者には良くない。軟水の水を一般生活用水に使う家があるが塩素が除去されなくて飲用水ではもちろん皮膚にも良くない。

e.蒸留水器

 漢武帝は露を受けて食べる為に承露盤を使用したがそれをわれわれが使用することはできない。 われわれが純粋な水を得ることができる唯一の方法は蒸留水機を利用する方法だけである。蒸留水機にはそれを蛇口に連結させて便利に使用できるものと、必要な時ごとに水をそそいで使用することがある。 どちらも水を沸かした後には皿を洗ってくれるのでいくらかの苦労を免れることはできない。しかしボイラーに残ってある沈澱物を洗う度ごとに切実に悟ることはわれわれが飲む水はひたすら蒸留水だけと言うことである。 蒸留水機でも水の味を潤色する為にフィルターを使用する。しかし蒸留過程を経た水はほとんど滅菌された水であるので細菌に対する心配をしなくてもいい。 蒸留水機の短所では電気の消費量が多いと言うことがあるが水の浪費がないと言う長所がある。蒸留水機 で蒸留水を作って飲めばミネラルウォーターを買って飲むことより値段が安くていつも新鮮な水を摂取することができる。 絵は逆浸透膜式浄水機やフィルター式から出た水を初めから水質が落ちるので何らか使用すれば急激に水質が落ちるが蒸留水はいつも高品質を維持することを見せてくれている。

8.無機ミネラルと有機ミネラル

   ミネラルとは鉱物質である。無機であるか有機であるかと言うのは炭素を含むか、含まないかを持って言う。 無機ミネラルとは、生命がない鉱物質そのままを言って、有機ミネラルとは植物が太陽エネルギーを利用して地下で吸収した鉱物質に炭酸ガスを化合して作った鉱物質すなわち光合成になった鉱物質を言う。

 自然のままある無機ミネラルは何百年を置いても有機ミネラルに変わらない。植物だけが太陽の力を借りて無機ミネラルを有機ミネラルに代えて行く。無機鉄は化学記号で単にFeだけだが有機鉄はFe周囲にCとHと0を いっぱい掴んでいる複雑な構造をしている。細胞膜は溶媒(水)は通過させるが溶質(鉱物質)は通過させる ことができないので単純なFeは細胞内に入ることができない。しかし環境親和物質である炭素と化合した有機鉄は細胞内に入ってわれわれの体に必要な栄養素になることである。  

太陽は炭素を原料にして無機ミネラルに着せる美しい服を作る。この太陽の服を着たミネラルを有機ミネラル、すなわち生きていてあるミネラルであると言う。もし無機ミネラルがわれわれの体に吸収されれば医師はヘモグロビン数値が低い患者に真っ赤なさびの染みを飲めと処方するだろう。貧血患者は地で鉄分を吸収 して太陽の服を着せて置いた有機鉄を含有している植物を食べる事だけを持って鉄分が捕われるのである。 礼服を着ない人は王の宴に出席することができないと言う例話がある。無機ミネラルがはだかで細胞の宮殿中に入る方法はない。ミネラルは、太陽が環境親和物質である炭素を利用して作った美しい服を着てこ そ始めて細胞の宮殿中に入って行くことができる。礼服を着ない人が王の宮殿から追い出されるように太陽の服を着ない無機ミネラルは体の中で異物質で回って通っていて排泄されたり、排泄されることができない 無機ミネラルは体のどこかへ沈着する。これがわれわれの体にいろいろな疾病と異常を持って着てくれることである。

動物は必ず植物からミネラルを摂取しなければなりません。生きているミネラルはわれわれの体に滋養分になるが死んでいるミネラルはわれわれの体に百害無益するばかりである。  無窮無尽の太陽エネルギーが空にあって、無窮無尽の栄養素が地にあるが人はそれを直接使用するこ とができない。有機合成過程である炭素同化作用を通じて地にある栄養分と空にあるエネルギーを私の体で作 ることができることである。 石灰石(CaCo3)が混ざった水が続けて落ちて作ったものが鍾乳石である。無機ミネラルは主に石灰石が入っている水であるのでその水が体の中に入って行けば鍾乳石のようにわれわれの体に沈着になる。 無機ミネラルは大きさと形だけ違うが池や小石と違うことがない。人が一日に1ギャロンの水を摂取すれば人は一生涯200Kg以上の無機ミネラルを摂取すると言う。 200Kgの小石を生涯食べると考えて見れば、一日でも早く小石を食べる食習慣から抜け出しはしないだろうか?

9.細胞膜を通じた物質の移動

細胞は正常的な構造とその機能を維持する為に周囲の環境から有機ミネラルと酸素を獲得して、細胞の代謝産物と分泌物を放出する。物質交換は細胞と環境の接触部位の細胞膜を通じて成り立つ。細胞膜を 通じた物質移動には濃度傾斜によって成り立つ受身輸送と、大事エネルギーによって成り立つ能動輸送がある。 反透過性膜と言う溶媒(水)だけを透過させて溶質(ミネラル)は透過させない膜である。細胞膜は反透過性膜で濃度傾斜によって溶質の濃度が薄い所で濃い所に水が移動される。これを受身輸送であると言う。 しかし細胞膜は実際にある特異な物質を透過させる選択的な透過性膜である。細胞膜にある特異な膜 蛋白質が体に必要な溶質を運搬するのにこのような輸送蛋白質を運搬搬体(Canier)とする。

運搬体蛋白質の中にあることは電気化学的な傾斜を逆らって必要な溶質だけを輸送するのにこのような輸送を能動輸送という。運搬体蛋白質には輸送させる分子と結合する部位があるのに、運搬体蛋白質はこの結合部位と結合することができる特異な分子だけを運搬する。この特異な分子が環境親和物質である炭素なのである。そうなので、有機ミネラルが運搬体蛋白質の結合部位と結合して細胞の中で移動されることである。

10、蒸留水、そして無機ミネラル

 蒸留水に対するいちばん激烈な論争点は蒸留水には無機ミネラルがないと言うことと蒸留水を飲めばわれわれの体にきっと必要なミネラルを抜き取ってしまうと言うことである。まずミネラルのふたつ の形態、無機ミネラルと有機ミネラルについて簡単に調べてみよう。  有機ミネラルは植物で得ることができる。植物は水にある無機ミネラルを光合成過程を通じて有機ミネラルは代える。そうなので食べ物は有機ミネラルで構成されてある。無機ミネラルは一般的に水で得ることができ る。われわれが硬水と言うときそれは普通カルシウムとマグネシウムがある水を言う。このようなミネラルは酒煎子(やかん)の底や水道の栓に沈澱になると便器と浴槽食器を洗う台に着色されて染みを作る。 争点は水で発見される無機ミネラルがわれわれの体の細胞と組織に吸収されることができる栄養的な価値があるのか言う点である。この無機ミネラルは石と石から溶けて出たものである。多くの専門家たちは新鮮な果物と野菜のような食品で得た有機ミネラルだけがわれわれの体の細胞と組織に吸収されると信じる。これに対する多くの専門家の言葉を引用してみる。

「われわれの体に19種類があって必須ミネラルがあるのにすべて食品で得ることである」−フォールプレグー

「われわれの体は有機ミネラルだけ利用する。生理学的に無機ミネラルをわが体が利用することは不可能だ。生理学と物理を分る人はこの実際を分るだろう。無機ミネラルが含まれた水を飲めばわれわれは石や石を食べることのように有害だ。」−ホビーダヤモント 「水はミネラルの供給源ではない。泉水を飲めばそこにあるミネラルが細胞膜に入ることができないので細胞膜外の浸透圧の低くなって細胞内の浸透圧が高まるので細胞内の水が外に出て細胞内の水があまりにも少なくなる。」レプレツモレル、MD−

11.ミネラルは植物で

もし水に含有された水が重要なら人体に必要なミネラルの量と水に含まれてあるミネラルの量を比べてみよう。

元素 無機ミネラル 平均値 一日に必要な量 飲まなければならない量
カルシウム(Ca)  4.4mg 800mg 182杯
マグネシウム(Mg) 1.1mg 350mg 318杯
鉄(Fe)  0.1mg 10mg 100杯
リン(P) 0.1mg 800mg 8,000杯

 上図表は

1.アメリカ水道水240cc一コップに入っている無機ミネラル平均値と

2.成人が一日に必要なミネラルの奨励量と

3.水でミネラルを摂取する場合、飲む水の量を見せることである。

 地域によって無機質含量が違うが上の図表によればアメリカ人が一日に必要なリンを水で摂取すれば

一日に8、000杯の水を飲まなければならない。一日に必要なミネラルを摂取する為にそれほどにの水を飲むことも不可能だがもしそのように多い水を飲めばそこに含まれた鉛、亜鉛、フッ素、硝酸塩など体に有害な化学物質をどれほどたくさん摂取することになろうのか。そうなので水でミネラルを摂取する考えは 捨てなければならない。水は純粋な水を飲んで栄養分は食べ物で取ることが正しい食事方法である。 人体に必要なミネラルの主供給源は次のようだ。

カルシウム(Ca):海草類,ミルク,豆,青葉野菜

マグネシウム(Ma):青葉野菜,海草類,バナナ,ミルク、肉類,堅果

 燐(P) :海草,ミルク,肉類,鶏の肉,穀類,魚,豆. 鉄(Fe) :赤い精肉,豆,堅果,乾し葡萄,鵜の肉 カリウム(K):肉類,野菜,ミルク,いちじくの実,海草,バナナ

 蒸留水にミネラルがないと心配することはない。われわれの体が要求するミネラルは食べ物に豊富に含まれている。われわれが日常的に摂取する簡単な食事だけでもわれわれが必要するミネラルを充分に摂取することができる。ミネラルの摂取の為に実際的に不可能な量の水を飲むことではなくて良質のミネラルを食べ物から摂取するようにしなければならない。

12.一口に必要なミネラルを供給してくれる簡単な食単例

    カルシウム マグネシウム 鉄(Fe)  リン(P)
 オレンジジュース1杯 54mg 20mg 0.5mg 26mg
小麦 食パン2切れ  46mg 36mg 1.0mg 104mg
クリーム1コップ 13mg 8mg 1.4mg 110mg
ミルク1杯 291mg 33mg 0.12mg 228mg
バナナ1ケ 12mg 49mg 1.0mg 39mg
 

 

ハンバーガーペティ 22mg 38mg 6.1mg 354mg
フレンチフライ 26mg - 1.0mg 172mg
ミルク1杯 291mg 33mg 0.12mg 228mg
 魚1/2パウンド 26mg 68mg 1.8mg 440mg
ライマビン1コップ 55mg - 9mg 293mg
チシャセルラド  15mg 5mg 0.4mg 17mg
バナナ1ケ 12mg 49mg 1.0mg 39mg
小麦食パン1切れ 23mg 18mg 0.5mg 52mg
  合計  886mg 357mg 20.84mg 2102mg

13.疾病の原因たち

 たくさんの疾病たちがあるが大概は次のような原因がわれわれの体に異常を持って来ると言うことができる 。                                    

a.免役細胞の弱化及び細胞の酸性化 癌、ェルロジ、喘息、慢性皮膚炎、虚弱症状、冷え性

b.内分泌細胞異常による症状

糖尿病、高血圧、低血圧、甲状腺機能亢進、甲状腺機能低下、更年期障害、生理不順、性慾減 退

c.化学物質及び重金属汚染に因る症状

慢性疲労、頭痛、めまい症、精神分裂、神経衰弱、健忘症、タバコ中毒、学習能率低下

d.栄養素不足及び新陳代謝機能障害に困った症状

骨粗しょう症、栄養不足、虚弱体質、貧血、脱毛、小児発育障害

e.組織細胞機能障害に困った症状

肝臓柄、腎臓病、胃腸病、前立腺肥大、精力減退、視力減退

上のような疾病たちは大抵が誤った食べ物の摂取から来ることである。体をアルカリ化させてくれる野菜と

果物を食べて純粋な水を飲むと上のような原因で来る多い疾病を予防することができる。

14.どうして人は老けるのか?

獣は寿命を尽きれば死ぬのに人間はどうして老けて死ぬことだろうか?どうして人間は天寿を尽くせば寿のようにある日静かに横たわって死ぬことができなく、死ぬこと多年前から肩、腰、腕、足が痛いなど老衰現象で苦しみに会うことだろうか?どうして腰は曲がることだろうか関節が柔らかくないからである関節が柔らかくない理由は一生 の間摂取して来る無機ミネラルや蛋白質の副産物である尿酸が関節に落ち着いていたからである。  老ければどうして皮膚に弾力が無くなることだろうか?細胞が水をたくさん含んでいないからである。子供は体重の80%が水であって年寄りは体重の60%まで水の量が引く。体重が60Kgの成人の場合には、その うち約26Kgは細胞内液であって13Kgは細胞外液である。年寄りになれば細胞内液が19Kg、細胞外液 が9Kgまでに減る。年寄りになれば細胞に水盛る空間が狭苦しくて細胞に水が少なくなる。そうだから自然にしわしわするしかない。何が細胞の空間をこのように狭苦しく作ったものだろうか?  われわれの細胞は数日に一度ずつ死んで新たに生まれる。新たに生まれた細胞が立ち入る空間が老けて狭まるのにはいろいろな原因がある。そのうち細胞膜を通過することができない無機ミネラルが細胞の空間を占めることもーつの原因になることができる。蒸 留水を食べてミネラルを洗うので細胞の空間を広げてくれれば細胞ができるだけ水をたくさん含有させるのに助けを与えることができる。

15.経骨カルシウムを体外に排出させなければならない。

 カルシウムはわれわれの体で燐酸カルシウムと炭化カルシウム(石灰石)形態で存在するのにその中81% が燐酸カルシウムであって、19%が炭化カルシウムである。血液中カルシウムはわれわれの体で筋肉収縮作用と血液凝固に作用して、神経刺激になくてはならない重要な物質である。この重要な物質が血液に足りなければ骨と歯牙に19%入ってある炭化カルシウムが血中で移動して血中カルシウム濃度を正常的に維持するのに、骨で減るカルシウムを経骨カルシウムであると言う。この経骨カルシウムは体内で身長も 血管に落ち着いていていろいろな成人病を誘発させることができる。一般的に年をとればカルシウム吸収力が落ちるのでカルシウム不足現象が起こって、骨格で炭化カルシウムがたくさん減ることになって少しだけ衝撃を与えても挫いて緑て折れる骨粗しょう症患者になる。こんなときカルシウムが豊富な食べ物でカルシウムを補 って溶解能力が卓越した蒸留水をたくさん飲めば経骨カルシウムが執着されなくて体外に排出されていろいろな成人病から解放されることができる。

16.痛風、関節炎  

痛風は主に親指関節にたくさん来る。原因は蛋白質消化過程で発生する尿酸の結晶体が親指関節に沈着になることからのことで知らせてある。関節炎の原因は単純ではないが関節周囲が石灰化になることも原因になることができる。関節炎や痛風で苦しんでいた多い人々が蒸 留水を食べるので治ることになる。

17.手と足が冷たい理由

 夏にも手袋を嵌める年寄りがいる。手足が冷たいからである。手と足は血の循環コース中いちばん遠い所である。従って血の循環が円滑ではなければ栄養供給もよくならなくて暖かい暖気も少なくなる。体自体が冷たいのに手袋を嵌めても仕様がない。血の循環を円滑にしなければならないことである。血の循環を円滑ではなくする主犯が無機ミネラルとコレステロールである。そうなのでコレステロールが少ない食べ物と純粋な水を飲むので血 液循環の妨害を予防することが重要だ。

18.記憶力が悪くなる理由は?  

赤ちゃんが生まれてから3カ月くらいになれば離乳食を始める。このとき水を沸かして粉ミルクを作る。大部分の水には無機ミネラルが多量含有されてある。無機ミネラルが多い水を飲ましたこの時から脳の毛細血管は硬化され始める。人間の脳は酸素が円滑に供給されてこそきちんと機能が発揮される。ところで脳の毛細血管が詰まって栄養と水と酸素がきちんと供給されることができなければ記憶力が悪くなるしかない。脳の血管が硬化されないように予防することこそ親がしなければならない。勉強する子供たちに一つのピザを買ってく ると一杯の蒸 留水がずっと助けになるだろう。  特に幼い子供には蒸留水を飲ませなければならない。水でミネラルを摂取する考えはもともと捨てなければならない。  薬屋に行けば幼い子供たちが食べるので良いように作ったミネラルがある。植物を自由に摂取する時まではそのようなミネラルは買って食べるのが良い。

19.新生児と産婦にも蒸留水が良い。

−アルレンペニクの本、確かな選択の中で一

新生児は無菌状態で生まれる。そうなので粉乳に入れて食べさせる時や薬を食べさせる時は血管に入れてもいい水、すなわち蒸留水を使用しなければならない。特にミルクから蒸留水を抜いたものが粉乳であるので粉乳を混ぜる時は蒸留水に入れてこそ原状態になることである。赤ちゃんの汗疹や発疹はおしめや服に残ってある不純物や化学物質が原因になることができる。病院でも新生児用品を消毒 して使用する。家庭では消毒する気分で蒸留水でゆすいで着せるほうが良い。

蒸留水を飲む人々の血液を調査すれば血球の酸素運搬量が増加している。それぞれの細胞に酸素が円滑に供給されればそれぞれの機関の機能も活性化されて産婦が乳を出す機能も向上される。  

エミートコルリゴンの研究報告書によれば乳牛に蒸留水だけを飲ませて観察して見た結果ミルクの生産量が20%増加してバクテリアの数が少なくなると言う。蒸留水は老庶物と栄養素をうまく運搬する能力が速くて新陳代謝を円滑にするので乳をさらにたくさん出すと思われる。乳腺が詰まれば乳腺炎が起こって乳がうまく出ない。無機ミネラルやコレステロールや脂肪で乳腺がつまったのを開けてくれる役割りも蒸 留水がすることができる。

20.肥満症にも蒸留水が良い

肥満症を脂肪過多症とも言う。肥満は脂肪組織の代謝障害によって脂肪の燃焼が不充分だから来ることである。

多すぎた栄養摂取で来る外人性肥満症と内分泌線の異常で来る私人性肥満症がある。多すぎ た栄養摂取で来る外人性肥満症と内分泌線の異常で来る私人性肥満症がある。私人性の場合には、そのような人は水だけ飲んでも太る。私人性肥満症は内分泌線相互間に問題の為に来ることである。例えば甲状腺機能低下時や副腎皮質機能昂進時に肥満症があるようにである。

 外人性肥満症は食べ物を少く摂取するので効果を見ることができるが私人性肥満症は大部分遺伝的な影響を受けているので専門家と相談しなければならない。しかし外人性、私人性関係だれそれみんな実際に蒸 留水を食べるので体重を減量した事例がたくさんある。Dr.Landoneは「誰でも蒸留水を飲めば体 重が正常的に回って行くことができる」であると話す。

21.禿頭の原因

 禿頭にはストレスやホルモン変化によることなどいろいろな原因があるが頭皮にある老廃物が原因になることもある。このような場合には頭皮に何を張るほうも良いか知れないが新しい毛が毛根から自由に出ることができるように表面の環境を代えてくれて、血液と体液の循環を円滑にしてくれるほうが良い。ここに蒸留水が助けになることができる。

22.蒸留水は美容に卓越した効果がある

子供のころそのようにも細かかった皮膚が年をとりながら?配が起こってそばかすと染みが入る。われわれはこれを年のせいにしてしまう。このような現象たちは皮膚にメラニン色素が沈着になることからである。  メラニンはメラノサイトは細胞内にある小さい機関であるリポソームでティロディナアゼラは酵素の作用で作る。この細胞はアミノ酸の一種であるティロシンから合成されたメラニン顆粒を?継続的に表皮細胞に送ってくれるのに、その量が少なければ皮膚色が薄くてその量が多くて黄褐色で黒褐色で段段色が濃くなる。 メラニン色素胞は太陽光線から来る赤外線が体内に透過されることを防止する。

 無機ミネラルが含有された水を飲めば皮膚細胞にもミネラルが落ち着いていることになる。メラニン色素が 皮膚細胞に執着された無機ミネラルと合わせて皮膚に部分的にさらに濃い色を作ることができる。便秘があれば気配がはさむと言葉をする。便秘は薬に直し見ると言う繊維質が多い食べ物を摂取して純粋な水をたく さん飲むことで解決される。蒸留水は水の循環を円滑にするので便秘も治らせて無機ミネラルが皮膚に執着することも防止して白くて柔らかい皮膚を維持するのに助けを与える

 特ににきびは顔にある毛嚢の炎症を言うのにこの時は皮下で老廃物を排出することを助けてくれる.汗腺や 皮脂腺が詰まらなくて新進代謝が早く成り立たせる食べ物と水で治療することがいちばん望ましい。青い野菜やその汁をたくさん食べて溶解能力が卓越した蒸留水を飲んでその水で顔を洗うことが治療方法中に一つになることができる。

 毛細血管が顔に多いものも血がうまく循環されないからである。血がうまく巡回されなければ、体にいろいろな異常が起こるだけではなくて皮膚美容にも障害を持ってくる。そうなので溶解能力が卓越して血をうまく循環老廃物を うまく掃除してくれる蒸留水を飲むことが美容によい。「水良い所で美人が起る」と言う言葉は単純な昔の言葉だけではない。

23.腎臓結石症  

腎臓に石が入る病気を腎臓結石症という。腎臓は血液が体内を回りながら持って来た老廃物を四具体を通じて濾過させる。この老廃物の中で過剰になった無機物質が腎臓で小さい石になって膀胱に下がって来ながら膀胱結石、尿管結石になる.

 急性の場合は手術して除去したりするが除去しても体質がそのような人はまた起こることができると言う実際である。そうなのでこれは食べ物で予防持することが最善である。このような患者は特に蒸 留水をたくさん食べて体内につもった無機ミネラルを洗うだけなくて無機ミネラルが含有された水を飲まないで予防するほうが良い。

24.動脈硬化・高血圧

血圧が高ければ保険加入することも難しい。それほどは高血圧はこわいものである。高血圧の原因は腎臓疾患によるもの、動脈血管の変化によるもの、 内分泌性疾患によるものなどがある。二重に動脈血管変化によって高血圧はわれわれの食生活の誤りからくる。動脈血管の変化は動脈内壁にコレステロールや無機ミネラルが魚鱗と同じようについて血液の通る通路が固まって狭くなるものをいう。 これを動脈硬化であると言う。(動脈血管が狭くなり固まっている状態から体に必要な量の血液を送るために心臓はさらに高い圧力に高めなければならない。 血管内壁が硬くなり伸縮性を失って弱くなった上に心臓が高い圧力にするから、脆弱な部分が破裂することになる。  動脈硬化が進行すれば記憶力と視力が減退して、半身麻痺状態になることがある。それだけではなく高血圧で寿命を縮めることになる。 そうなのでコレステロールと無機ミネラルを摂取しない食事で前もって予防することが賢明だ。

25.心臓を保護しよう

  われわれの心臓は車のエンジンのようなものである。車のエンジンは休む時があるが一度生まれた心臓(弛緩機にちょっと停止することの外には)決して休まない。心臓は一分に平均70回ポンプジルをする。 一日に10万回、一年に3680万回、一生に25億7千500万回をポンピングする。一度に70ccを吹き出すので生涯18万トンの血をポンピングする。 その血を3トントラックに積めば6万台に分けて積む量である。 分量である。心臓がこのように熱心に働いてくれるので私が生きていると言うことを分れば心臓が円滑にその任務を遂行するように助けてくれなければならない。無機ミネラルは心臓に負担を与えることができる。無機質がなくて汚染されない奇麗な水を飲んで心臓が負担なしに働くように助けてくれることが心臓疾患を予防する道である。

26.肝臓を保護しよう

 肝臓はわれわれの体の中に毒素が入れば迅速にその物質を解毒することができる化学物質を作って出す。 肝臓は体内にある精密化学工場である。 肝は解毒作用をするので有毒性物質に触れる機会が多い。われわれの体に摂取された無機ミネラルが血液を通じて肝臓に至って、胆汁中にある水にうまく溶けない性質を持ったコルレステロールと合わせて胆石を形成する 。この胆石が胆道を防ぐことを胆石症であると言うのにこれは病症もひどいので消化障害や黄痘症状を現わす。もしわれわれが無機ミネラルを摂取しなければそのような病気にかかる確率がずっと減ることになるだろう 。たくさんの疾痛が誤った食習慣から来ると言うことを心に銘じて食習慣を直すのでわれわれの重要な肝臓をうまく保護しなければならない。

27.年をとりながら聴力が残る理由?  

年をとりながら耳がうまく聞こえないことは鼓膜が振動しないからではない。耳の微細な血管が尿酸や無機 ミネラルの沈澱物でつまり始めて聴力が残ることである。補聴器を使用することは根本的な治療になることが できない。均衡がある食事と正しい水を摂取するので毛細血管に血がうまく流れさせて脳に音を伝達する神経伝達通路が詰まらないように予防しなければならない。

28.白内障、緑内障、網膜剥離

 白内障と言う目の水晶体がぼかされて視力障害を起こす病気である。水晶体は65%の水と、35%の蛋白質でなってあるのに、水晶体にあるカリウムイオンが水晶体の水を吸収または排出するように助けてくれることで知らせてある 。白内障の原因は確かではないが水晶体の物質大事障害によって起きると見ている。

緑内障は眼球の圧力が病的に上昇する病気である。角膜の内は前眼方でその中には透明な眼方水が入れている。眼方水は毛様体で作って後限方を経て前限方でかかって行ってスルレム管を通じて血流で回 って行く。このように限方水が多くて眼圧が高まって網膜が損傷を受けるようになるのである。この時瞳孔内が緑色で見えるという緑内障であると言う。

網膜剥離は網膜と脈絡膜の間が分離されることと目前が遮られたもののように見えることになる。近視がひどい人に多く、眼球や頭に大きな衝撃を受けた時も来て、また網膜と脈絡膜の間に異物質が沈着した時も来るようになるのである。このような場合にはレーザー光線で治療をする。

白内障、緑内障、網膜剥離すべてひどければ失明まですることができるので深刻に考えなければならない疾柄である。これを予防する為には純粋な水を飲むので沈着になった異物質を洗って出す。 眼球の物質大事が円滑なように助けてくれるのが重要だ。治療の為には多量の蒸留水を飲むのが助けになる。

29.病原困の90%は化学物質の為である。  

ストレスがわれわれの体の抵抗力を落とすことですべての病気の主な原因であると言うことができる。

しかし一般的に癌の原因は次の三つである。

a.放射線など物理的な原因

b.ウイルスによる原因

c.化学物質による原因

この中で90%は化学物質によって発病することになるのに化学物質と言う発癌物質で知らせた化学物質もあるがその外よくわれわれが近くに接するアルコール、有機化学物そして水道水の添加 物のクルロリンやF(フッ素)などが癌の原因になっている。クルロリンやF(フッ素)は水道水を通じてわれわれに食用水で供給される物質で特に注意が要求される。

30.蒸留水を続けて飲んでも良いのか?  

反対1

蒸留水を反対する人人は蒸留水がわれわれの体の必須ミネラルを溶かすので長い間飲めばわれわれの体にミネラルが足りなくて健康に異常を持って来ると警告しながらわれわれの体で毒素が引く時までだけ食べてそれ以後にはミネラルを添加して食べろと言う 。

a.水の役割りは純粋な水と栄養素とミネラルを細胞に供給することである。純粋な水は体にあるミネラルを溶かすことではなくて植物にある有機ミネラルを水の分子の間に溶かして細胞に供給して 、そのすきに老庶物を溶解して出て汗と小便で排泄する役割りをする。純粋な水の分子が体内の老廃物を持って出なくて体に必要な栄養素を分別なしにうまく溶かして排泄すると考えることは誤ったものである 。

b.われわれの体に老廃物と毒素は死ぬ時まで洗わなければならない。

そうなので毒素を洗う時まで純粋な水が必要なら生涯必要なものである。

c.われわれの体の血が来た体を循環しながら老廃物を持って来る時取れない無気ミネラルも持って来るが体に必要な栄養素も共に腎臓で持って来る。老廃物が腎臓で四具体を通じろ細尿管で濾過されて入りながらわれわれの体は必要ない毒素や鉱物質を排泄して葡萄糖 、アミノ酸、ナトリウム、カルシウム、 カリウムなど各種ミネラルは尿細管を通じて再吸収する。蒸留水が体でたくさんの物質を腎臓で持って来るが結局体に必要ない老廃物だけ排泄されることである。

 d.水に溶けてある無機ミネラルにはカルシウムやマグネシウムのような大きな問題にならないこともあるが

鉛、誹笑、水銀、カドミウム、硝酸塩、亜窒酸塩のように危ない毒性物質が共にあり得ると言うことを心に銘じなければならない。まだカルシウムとマグネシウムだけ置いて毒性があるミネラルだけ除去する方法はない 。

 反対2

われわれの体がアルカリ方に傾いてこそ健康に良いのに蒸留水はわれわれの体を酸性化させる傾向があるのでカルシウムやマグネシウムのような鉱物質を添加して食べなければならない 。

返事  a.蒸留水は中性である

しかし空気の中で炭酸ガスと合わせて少し酸性に傾く傾向がある。しかしそれがわれわれの体にある影響を及ぼす程度ではないので蒸留水が酸性化しようとする性質を隔てる為に空気 を遮断する必要はない。われわれの体をアルカリ化することは水でするのではなくて食べ物でしなければならない。どんなにアルカリ水を飲んでも酸性食品をたくさん食べればわれわれの体が酸性化になることを防ぐことはできない。大概の野菜はアルカリであって肉類は酸性である。そうなので肉食を免れて菜食する ことによってわれわれの体が酸性化することを防がなければならない 。

b.穀類、海草類、新鮮な果物、野菜よりわれわれの体が利用することができるカルシウムやマグネシウムをたくさん含有している食べ物は多くて分る。可能なら人工的に調剤した カルシウムやマグネシウムより穀類、堅果類、海草類、新鮮な野菜、果物などでそれを摂取するほうが良い。

C.純粋な水は摂氏24度のとき中性であってそれ以下に下がればアルカリ性になると言う。それからアルカリを摂取し望めば水を冷たくして飲むのも良い方法である 。

反対3

水を沸かせば水の中にある酸素が消えるから沸かした水は死んだ水である。

 返事 a.蒸留水は沸く水で酸素ひとつの原子と水素二つの原子が結合した水の分子だけを蒸発させて集めた水であるので沸かした水とは違う。沸かした水は不純物を濃縮して食べることであるが蒸留水は不純物を残して蒸発した水を集めたものであるのでいちばん純粋で新鮮な水である。一般的に沸かさない水は生水という生きてある水のように考える。死んだ水は、生きてある水であるかと言う水の機能がするかできないかを持って判断しなければならない。蒸留水だけがわれわれの体で元の機能を尽くす水である。

 b.水中に溶けてある分子状態の酸素を溶存酸素という。溶存酸素量は温度と大気圧によって変わるのに、蒸留水は純粋な水であるので同一な大気圧で大気中の酸素をさらに迅速に溶解することができる 。水は水としての機能があって酸素は酸素としての機能がある。魚貝類は水に溶けた酸素を呼吸するが、動物は大気中の酸素を呼吸する。そうなので水に溶けてある溶存酸素がわれわれの体に必要なように話すことは無理である 。  

反対4

水道水を煮るとき出る揮発性ガスが大気の中で出てわれわれの体に良くない。

 返事

もし水道水にある揮発性ガスが問題になれば蛇口、洗濯機、シャワーふたなどすべての所にガス除去装置をしなければならないだろう。特に最近に出た蒸留水機はその問題を解決すること為にガス排出口があってまた活性炭フィルターをゆっくり通過させるのでガスを除去する 。

 a.フンザ地方人人の長生き秘訣は主に何であると考えるのか? 長生きの秘訣が別になかった。しかし次のようなことを観察することができた。彼らは大部分果物と野菜を生ので食べたのに果物と野菜は90%ぐらいが純粋な水である。そして無機ミネラルがとても少く含有された氷河水を飲んだ 。

b.蒸潜水で関節炎を治療することができるか?  私は関節炎患者であった。しかしもう年が70歳になっても頭の高さで足を蹴上げることができる。体は驚くべきなように柔軟で痛みを感じない。ァイロルラ(Paaro Airola、ND)は彼の本で次とように事例を記録している 。′スエーデンの農夫であるエルビンビストランスは関節炎の為にひどい障害を受けて手足を動かすことが できなくなった。12年間いろいろで治療してみたが効験がなかった。しかしブレンダルクリニックで一カ月間生きがよい果物と野菜汁を飲んで暖かい水でお風呂こ入って柔らかくマッサージする治療を受けた 。すると今や痛みが消えて四肢を動かすことになってそれの農場に行って働くことができる程度に完全に治された。医学的に関節炎を完全に治す確かな方法はない。関節炎は関節に沈着になったミネラルがその原因の一部になることができる 。X線上にミネラル沈着を鮮明に見ることができる。この沈澱物が結晶体を成して関節を動かす時ごとに痛みを誘発する。

31アルレンペニクの本で

 蒸留水を飲めば本当に体に良いのか?本当に長い間食べても害にならないだろうか?アルレンペニグ博士はフンザ国を探訪して「フンザ国」と言う本を書いて有名になった。その後彼が使った「選択は確かだ」と言う水に対する本は20販にかけて1,170,000冊の本が売れた 。その本の最後部分に出る質問の応答と読白たちの手紙を引用すれば次のようだ。

c.動脈硬化症で苦しめられているのに治癒方法があろうのか?          − 私の友達うち一人が冠状動脈移植手術を受けようとした。担当医師が彼の冠状動脈を検査して見たのに動脈の硬化状態がまるでセメントのように堅くなって弾力がある新しい動脈をその所に接統させることができない と言った。このような病気を老人性疾患であると言う。動脈はミネラル蓄積物が内壁にはさんであらなければX線にとらわれない。動脈硬化症患者の動脈がX線にとらわれることはミネラルが動脈内壁に沈着になったものを見せてくれるのである 。ミネラル蓄積物が動脈内壁に沈着になれば動脈硬化の主要原因になる。このような動脈は弾力を失って突然な衝撃に破裂したりする。万一友達が幼い子供の時から蒸留水を飲んだらこのようなことを避けることができなかっただろうか?′と言う質問にランドン博士はその臨床実験に照らして「Yes」と話す 。

d.生水が人体に有益なのか? ミネラルの蓄積は人体の多くの部分につもりながらおのおの別な症状を起こす。ミネラル蓄積 この大腸内壁に沈着になれば便秘の原因になることができて、腎臓の櫨過機関に沈着になれば腎臓結石を起こして、心臓の心房と弁膜に差すことになれば心臓移植手術が不可避だ 。

e.眼球内視鏡に目を入れて見れば網膜の血管を見ることができる。動脈硬化症をひく血管は螺旋型を成していて硬化状態の動脈が柔らかい静脈を横切って行く所ごとに静脈がおされたのを見ることができる 。このよ うな形が見えれば動脈硬化症で診断をすることができる。

f.フッ素(F)が健康に及ばす影響は?  ニュゾジズに住んでいますRobelt Mick博士とアインシュタインの甥Bronner博士はフッ素が人体に有益だと言うことを立証する人に$100’000の懸賞金を あげようと提案した 。熱烈なフッ素愛好家が動物実験をした。その結果その3世代に行って不具が生まれた。

フッ素は歯牙だけなくて動脈と脳までも硬化させる。そして同じフッ素が鼠取りにも使われる。驚くべきな実際はアメリカで今まで8、800万パウンドの鼠取りが上水道管を通じて人間に供給されたと言う実際である 。市民が飲む水道にフッ素を添加することは犯罪行為で確かに非科学的である。

g.蒸留水はある長所があるが? 蒸留水を使用すれば茶とコーヒーの味がさらにゆたかな味になる。氷は水晶のように澄んで食べ物の消化がさらに易しくなるビタミンの吸収がさらに早くになる。人体は食べ物でさらに多い栄養を摂取 することになって赤血球はさらに多い酸素を運搬して細胞を活性化させる。

h.蒸留水が心臓にも良いのか?  ランドン博士が発展させた理論は無機ミネラルがわれわれの体どこかつもることになると言うことで細胞周 囲に沈着になったミネラルが細胞を監禁させて元の機能を尽くすことができないようにすると言うことである。ランドン博士の場合には無機ミネラルがそれの心臓弁膜につもって苦しみに会ったが何年間蒸 留水を飲みながら彼の心臓が完全に回復された。彼は98歳まで長生きを享受した。

 i.蒸留水が癖にどのような効果があるのか?  硬水にある無機ミネラルはそれぞれの細胞を膜で包んで監禁して酸素が細胞内に入ることを妨害する。

われわれの体はそのような時に自然に酸素の欠乏にも繁殖する細胞を作り出すのにこのような細胞を癌細胞であると言う。蒸留水は細胞周為を巡ったミネラルを溶解して細胞に酸素が充分に供給されることができるよ うに助けてくれる。

 j.コニメタの秘訣は?  コニメタは30年間フィラデルフィアプロ野球チームを率いて来たメニジョである。彼の雇用契約条件はある場合も選手に蒸留水を供給しなければならなく、不可避な場合には無機ミネラルこれのない新鮮な水を供給することができるように要求するのであった。蒸留水は選手を便秘から解放させて完全な健康を享受した。投手は硬水の為に筋肉痛で苦しみ会うことがなかった。

k.幼児にも蒸留水が必要なのか?  幼い子供たちは全く汚染されない状態で生まれてとても微微たった汚染にも深刻な病気になることができる。                                              ■

 離乳食にも蒸溜水を使用しなければならない。子供に入る汗疹や?疹はおしめや服に残ってある硬水の為にできる。

l.蒸留水は美容や禿頭にどのような影響を与えるのか?  訪問販売で成功した製法規模が大きな化粧品会社が破産された。彼らは成功した化粧品中皮膚を拭き取る化粧品があったのにこれは蒸 留水にいくらかの香水に入ったものである。顧客が化粧品原料に大きい関心を持って何で作ったのかを問いかけてきた。会社ではそれが単純な蒸留水と言うことを明らかにしてその結果顧客は自ら作ることになった 。当然に会社は破産することになったものである。水道水や硬水を窓ガラスに落とせば白い沈澱物が残る。このような水で皮膚を管理することがにきびや発疹などいろいろな皮膚病に効果があり得る だろうか。

m.一部学者は水に溶解されてある無機ミネラルが体に良いと言うのに実際やら?  もし水中にある無機ミネラルがわれわれの細胞の中に入ってわれわれの体に利用されればそれは話す必要もなくて有益なものである。しかし無機ミネラルは人体組織の中に入ることができなくて細胞膜外に蓄積される 。それが細胞間にはさんでいろいろな問題を起こす。われわれが従う単純な原則がある。跡を残す水は食べないで跡を残さない水は安心して食べろ。

n.蒸留水は人体組織にある有機ミネラルを溶解して排泄するのか? 人人に百三種類の生きる方を講演することをしたワーカー博士は実際にかれ自身が100歳まで生きていた。

彼は、蒸溜水が人体で排出させることはわれわれの体が吸収することができない無機ミネラルだけであると言葉をする。蒸溜水は体に有益な有機ミネラルを人体に供給して要らない無機ミネラルを溶解して排泄する 。

32.読者からの手紙

  次はペニック博士が書いた「確かな選択」と言う本を読んで蒸留水を飲む人人がペニック博士に送った手紙である。

1958年私はひどい観相血戦症で入院することになりました。私は太っていた翁であったし心臓障害を起こすことができるすべての要因を持っていました。私は医師が勧める治療代りに厳格な食生活をしてビタミンと蒸 留水を食べて運動しました。その結果現在67歳であるのに47歳よりさらに気分が良いです。私の動脈は柔軟になって、関節は柔らかくなって、視力が回復されて、神経が落着いて、頭も澄んだ。あなたの本と博士の本は私に確信を与えて蒸留水こそ私の健康を回復するのに重要な役割りをしました。

一切ったマテイン、カリフォルニア

7年前に私の腕が折れました。その後に関節炎が起こって私は私の腕がかかって上げてもできなくて右側に横たわってもできなかったです。あなたの本を読んであなたの言葉どおり蒸 留水を飲み始めました。今や関節炎もましに楽に寝ることができることになりました。

−ピビブイン、ネブラスカー

 私は家で少しだけ仕事をしたもへたばったになりました。しかし今や一日中働いても大変なことを知らないです。

−ジューニル婦人、ネブラスカ一

 私はいま「確かな選択」と言う本をすべて読みました。本当に立派な内容でした。私はこの本を多量で購入して嬉しい消息を伝えようとします。

−シケ一医師、カリフォルニアー

 あなたの本は健康生活の為のいちばん興味のある本でした。この本は私に確信を与えました。100冊を送ってください、患者に出そうとします。

ーWH、アイオワ…

 私は去る何年問4匹のインコ鳥を関節炎で失いました。この不治の関節炎が五つの番目インコ鳥に発病 しました。その小さい足がすべて不具になってもう出して捨てることだけ残りました。ところであなたの本を読んで鳥に蒸留水を食べさせ始めたのに今や鳥が健康です。彼の足でミネラルが分解されたのか今やえもんかけの上で素早くうまく動きます 。再び餌を食べ始めたのに今や餌ポケットがふくらんでいる時まで食べます。

−JT博士、ジョジアーー瑚01句 中斗,孟司中一

主治医は私の病気を不治の病であると言いました。しかし蒸留水を40日くらい食べると私の足のむくみが引き始めました。前には蒸留水がこのように大きな有益を持って来てくれると言うことを知らなかったです 。

−VC、ミネソター

33.水に対する衝撃的な真実

 プレグ博士は94歳になる噂まで75年間を蒸留水を食べて、蒸留水食べること運動に先頭の人である。

次の話は彼の本「水に対する衝撃的な真実」18ページ〜28ページにある内容である。

 60代中盤であられた私のおじいさんは6フィートの背と200パウンドの体重を持った筋肉が固い健康な男性であった。彼は乗馬を良がられて狩りを楽しむ勤勉な農夫であった 。ある日夕方食事を食べていた中おじい さんが食卓上に倒れた。その後半身不随になって3年後になくなりました。 ジョンスハブキンス病院の剖検結果動脈が石塊のように固くてあったと言うことを分ることになった。おじいさんは一生間 井水を召し上がられた。私はおじいさんにいた動脈硬化に対する原因が分りたくておじウォルリアムに医科書籍を借りて読んだ 。そして動脈硬化の原田について移しい質問をした。何年が過ぎてから私はその解答を分ることになった。  われわれの農場には黒人の下人が多かった。ベシルイス婦人はまるで家族のように親しく務めたのにかわいそうにも彼女の手、手首、ひじ、尻、膝、足首に関節炎が起こった。かわいそうな彼女はたまに痛みを 耐え抜くことができなくて泣き崩れた。私はおじにルイス婦人を治すように懇請したがおじは強力な鏡痛剤をくれることの外にはできることが何もなかった。ルイス婦人は痛みでベッドに横たわって暮らして何年にならなくて死んだ 。彼女の最後の日は痛みがとてもひどかった。

われわれは大きくて良い農場ですべての種類の豊かな食べ物を食べて住んでいた。しかし大人は病気で苦しみに会っていた。一言ででこのような苦しみは悲惨なものであった。毎日私は母が人人に 、今日は痛みが どうですか。?′と言って聞く声を聞いた。彼らはいっそう一緒に悲しい返事をするだけであった。私はおじにどう して多い人人がこのように苦しみに会うかと聞いてみたがおじは「私もその返事を知りたく思う」と返事だけであった。

 12歳位の幼い年に私はバージニアにいる予備軍事学校に入った。親は私が成長してウェストポイントに入ることを望まれた。予備軍事学校で硬水を飲まなかったが食事でホットドッグなど肉類と後食には白砂糖を使ったケイックなど健康に良くない食べ物を豊かに食べた 。そして私は4年後に肺結核がかかった。私はおじにどうしてこのようなことが私に起こったのか聞いてまた聞いたがおじは答えられることができなかった。ニューヨーク病 院から出た最終判決は回復不能と言うことであった。

 当時スイスから交換看護婦で来ていた看護婦はスイスに行けばその病気を治すことができる医師がいると私に言ってくれた。私はその医師を紹介してくださいと言ってその看護婦は私をロルリオ博士がいるスイス病院へ連れて行った 。この病院では薬を全く使用しなくて蒸留水と良い食べ物、日光、深呼吸そして運動だけする方法で治療したのに私は2年ぶりに生き返ることになった。  スイスは水が豊富だが大抵が硬水であるからロルリオ博士はひたすら雨水と雪の溶かした水を飲料水にく れて、そうでなければ果物なって野菜ジュースだけを飲ませた。私はここでおじいさんの動脈硬化のルイス婦人の関節炎がミネラルがたくさん含有された水と関連がないだろうかと言う考えをすることになった 。  病気が治った後私は本国に終わらなくてロンドンで渡って医科大学で生理学と栄養学を勉強することになった。私は8年後に博士学位を得ることになって私が抱いた解答も得ることになった 。医学を勉強する為にロンドンへ行った私は生きがよい食べ物、果物などを磨り渡して搾り出した液体そして蒸留水を準備して食べて毎朝公園に行って運動して学校に行った。

 アパートの主人は1階に住んでいますのに白砂糖とゼームとパンと多い量のミルクを飲む典形的なイギリス人であった。彼は塩素処理になった鉱物質が多い水道水を飲んでいた 。初めの日、主人のウイルスン氏は自分は関節が痛くて5階まで歩いて上ることができないと言って鍵を渡してくれた。ウイルスン氏夫婦は親切に私はたまにその家へ動きに行ったのにこれらの夫婦は身体的に多い不便を経ていた 。ウィルスン氏は関節と腰下の部分にひどい痛みがあって膀胱にも疾患があった。その婦人は正常より25Kgも体重がさらに多いからなのか動く時ごとに息をあえいで心臓疾患で苦しみに会っていた 。

 アパートに落着いたはじめの冬に見るからウイルスン氏夫婦はずっと風邪に悩まされて鼻水を垂らして苦し んでいた。ある日運動をして戻っていてウィルスン氏がひどく病んでいることを目撃した。高熱に悩まされて鼻が完全に詰まって口で息をしていた。可憐にも彼は辛くて助けを懇請した 。だから私は彼に天然治療だけが病気から解放させることができると自信あるように話した。彼は私がさせるようにすると言った。私は彼に十日間断食をさせて蒸留水とレモンと蜜を食べさせた 。それの体には毒性物質があまりにも多くて喉と肺臓には粘液がいっぱいだ。これらが排泄される間相当な苦しみが従ったが十日の間の断食が終る時は大部分の毒性が抜け出したのか気分が良いと言った 。そして自然食品と新鮮な果物と野菜汁と蒸留水だけを食べた。断食が終ってから3週間ぶりに彼は5階までかけて上り下りすることができた。すると彼の婦人も断食しては食生活を自然食に代えた 。彼女も健康を取り戻して彼女の服たちはすべて減らして遠く生きていた娘さえも見分けることができない程度にすらりとしていた体つきを持つことになった。移多体重で神経障害まで起こした婦人は自然に順応する生活に彼の生晴を代えると健康を取り 戻して真正した生の喜びを享受することができることになった。

これらは私が人を直したはじめのケースであったのにこれによって私はさらに確信を持つことになって私はさらに勉強して多くの人を直すことになった。医学の父であるヒポクラテスは次と一緒に話した 。食べ物が薬になって薬が食べ物になるから。         

34.蒸留水、飲むことができるか?

次は水資源環境紙1993年5月号から特集で研究発表した内容である。

a.純粋な水の重要性

水の人間生活で必須不可欠な生命の根源である。専門家の見解では健康な生を維持するには毎日6〜8杯の水が必要だと言う。細胞と長期から出る老廃物と、血液浄化過程から出る各種不純物を洗浄する機能はわれわれが毎日飲む飲料水に依存した 人間の身体は腎臓、呼吸、汗などいろいろな身体機能を通じて水を消耗する。水分が充分しなければ食べ物を適当に消化吸収することができなくて身体それぞれの部分に穴厄伝達が不可能だ 。尿で新陳代謝の最終かすを放出させるのに水が必要だ。

肺の表面をじめじめするように濡らしてくれる水がなければ酸素を吸入したり炭酸ガスを排出することができない。

しかし今日公害問題や水道水に含有された毒性添加制と無機鉱物質に因って良質水を得にくい。現在のような公害の世界では、蒸留水こそいちばん純粋な水である。蒸留水が多くの有害な物質を除去することができるので解毒及び断食療法に使用されるだけではなくて身体の細胞組織、長期 、分泌液などの洗浄作用の為に広く推薦されている。

b.蒸留水というのはなにか? 蒸留水というのは、水に熱を沸点まで加えて水蒸気化するので各種不純物を水と遊離させた後再び液体状態で凝縮させたものである。不純物をかすで残ることになる 。蒸留水はある固形紛や鉱物質またはかすを含有していなくてまずい。蒸留水は鉱物質かす、バックテリア及びその他の汚染物質を除去させる。蒸留水こそ純粋で各種不純物を除去した唯一な水である ○

 無臭、無味、無色の蒸留水はある種類の固形粉も有、無機物も含有していなくて酸素と水素と言う二 つの気体だけで生成されたものである。従って蒸留水は飲用水、調理水、電気アイロン、バッテリ溶液などに使うことができて静脈注射、物理治療、調製及び幼児用品、洗済などに広範囲に使われる 。

c.有機及び無機ミネラル

無機ミネラルと言う炭酸塩、三石灰質の成分、カルシウム、鉄分及びマグネシウムなど含んでいる。このミ ネラルは人体の細胞と相反する種と質であるので細胞がこれを拒否して人体にかすで蓄積された一方有機ミネラルは野菜、果物、実、穀物、肉類、くるみなどに含有されていて消化吸収が容易で健康維持の為に必要だ 。

 d.蒸留水の役割り

蒸留水は人体内にある毒性を溶解させて身体の細胞、臓器及び各種分泌物の洗浄作用に助けを与える。腎臓でこして取り除いた毒性物質とかすを排泄するので疾結石を抑制する。

蒸留過程は大腸菌と各種細菌を撲滅して各種化学物質、重金属有害物質、農薬成分、塩素及びフッ素など除去する。

蒸留水は人体内で溶済役割りをする。食べ物を分解してそれぞれの細胞に消化吸収させて、また無機ミネラル、酸性体及びその他かすなどを分解して身体浄化過程で排出されるようにする 。蒸留水が体内に入れば関節部分、血管壁及びある機関に付いてあるミネラルも抽出やり遂げて送るので胆石や腎臓結石などを顕著に減少させる。関節部分に柔軟性と機動性を付与して神経痛を減少させる 。

 e.蒸留水と必須ミネラルとの関係

蒸留水はフッ素、塩素、そして空気や土や送水管で染み込む各種不純物の汚染危険を無くしてまた人体が消化吸収することができないミネラルを体で除去する。 

 ミネラルには有機と無機の二つの種類があるのにわれわれが普通飲む水には無機ミネラルがあって食べ物には有機ミネラルがある。蒸留水は人体組織に無機ミネラルが浸透することを防止してまた体内にある既存の無機ミネラルまでも除去する 。従って有機ミネラルは吸収されて人体組織に残る。蒸留水は芳紀になったミネラルを抽出して体液と血清の助けで腎臓に移動させて除去する固有の自省を持っている。蒸留水は細胞と筋肉組織で拒否されたミネラルを一所で集まって除去するもしこのミネラルが排泄されなければ動脈閉鎖など深刻な身体の損傷を起こすことができる。

 蒸留水はもともと無味ですからすぐにその味に慣れてなる。一旦蒸留水を飲めば 塩素で処理された水道水は疎ましくなる。蒸留水を食べ物に使うようにどんな外部的な物質も添加されなかったからそれぞれの食べ物の固有な味と香を得ることができる 。

日常的な水道水は約114〜123ppmのナトリウムを含有しているがこれを浄水機で浄化すれば12〜14ppmで低めることができる。しかし蒸留水機を使用すれば許容値をずっと下回る0.0006ppmだけを含有することになる 。

f.蒸留水と疾病  

アメリカ保健性調査統計によれば蒸留水は心臓でも拒否反応を起こさなくて関節部分に老廃物も沈澱させない。関節炎、動脈硬化、糖尿、胆石症、腎臓結石、及び白内障などの発病は汚染された水を飲むことと無関係ではない 。

蒸留水は鉱物質の沈澱を粉砕してそのような疾病の治療と防止に重要な役割りをする。多い専門家は蒸留水を飲用として腎臓に刺激を免れて血管系統の浄化を増進させて、腎臓と人体の各機関を健康にす ると言う。

腎臓障害と膀胱炎で苦しむ患者の臨床報告によると蒸留水だけを飲用した後そのような症状たちが無くなったと言う。

35.トロント超婦人の経験

  私が水に神経を使って飲み始めてから10年が過ぎました。しかし冷たい水を食べなくて暖かい水を飲む 程度でした。ところで何年前から腰に胆がうずくのにばちり驚く程度に痛みでした。そして首と肩が固まって運転するとき後を向きにくいくらいでした。その時ごとにうまく寝ることができなかったがより、枕が迎えないのかより、ベッドが問題があるのかより程度で考えました 。2年前から痛みが分かる頻度が増えて痛みもさらにひどくなる病院にも行って写真もとってみたが別に以上がないと言う診断結果だけでした。今や老けてそのようながして考えたがまだ隠退する年でもないのにこのように老衰現象が来ることを考えるから前が真っ暗だったです 。

働く所が実験室であるから蒸留水が近くにあってたまに味を見れば味があまいのが良かったがそれは実験室でも使用する薬であるとだけ考えて飲む考えをしなかったです。ところで偶然プレグ博士が書いた「水についての衝撃的な真実」と言う本を読んで私は私の病気がもし水の為ではないのか考えることになりました 。 だから蒸留水を買って食べ始めたのに飲み始めながら腰痛みと首筋の痛い症状が無くなって一ケ月が過ぎても痛くなかったです。私は確かに蒸留水を食べて病気が治ったと言う確信を持つことになりました 。私は夫にも蒸留水を食べるように権めました。私の夫も手首が痛い、ひじが痛い、足が痛い、痛い所が多かったのに蒸留水を食べ始めながら痛い所が無くなり始めました。われわれの家族は蒸 留水を食べながら体も痛くないですから、体も軽くて手足も暖かくなりました。

 われわれの家族は完全に蒸留水のファンになって会う人にのたびにである蒸留水を進めています。痛い人を見ればプレグ博士の本をくれて蒸留水を食べろと進めます。余りに簡単な方法に人人の 病気が治ることを見れば純粋な水こそ神様が人間にくださる水と言う考えに感謝するばかリです。

36.米の地域社会の経験  

米海軍では50年以上船上で飲料水に蒸留水を使っている。特に潜水艦要員は一度に数ヶ月ずつこの 水を飲んでいる。

海軍の代弁人は多年間蒸留水を飲んだが健康上のある問題も発見することができなかったと報道している。米海軍は1972年公式的に蒸留水を船上の飲用水と認めた。 NASAでは宇宙飛行で蒸 留水を使用している。しかし健康上のある有害な下影響も発見されていない。

37.アルレックサンドグラハムベル博士の経験

  電話発明に有名なアルレックサンドグラハムベル博士は蒸留水の効能を分って次のように彼の経験談を言っている。

私は蒸留水がリューマチに卓越した効果があることを私の経験に分る。何年前に医師たちは癖なおす方法を求めることができなくていた。私が激しい痛みに悩まされていたその当時私は無機ミネラルに対する研 究をしていたのにその研究中一つが人体内にミネラルの沈着に対する研究であった。一有名な科学者は彼の著書で老化現象は無機ミネラルの沈着から始まってその沈澱物たちをうまく排出することができなかったとき各種老人性疾患に発展することになると言った 。この科学者はこのような沈澱物たちが関節につもるときリューマチにかかるといった。また無機ミネラルの沈着が腎臓に起これば腎臓疾患と泌尿器係結石を、動脈にあれば動脈硬化を、神経を覆えば座骨神経痛も起こることができると言った 。

 その当時私は死海とソルトレイク湖水とそのような出口がない水たちについて研究していた。死海は1/4が塩であってサルトレークも塩が多かった。もし私の体内で死海のようなことが起こっていれば入る塩の量は減らして塩を早く排泄する方法が必要だと考えて瞬間私は蒸 留水が純粋な水と言う実際が思い浮んだ。もし蒸留水をたくさん飲むことができれば私の座骨神経を覆っている沈澱物を洗って出すことができようと考えた。

.私は蒸溜水を食べ始めて短時日内に座骨神経痛が消えた。その時から私はリューマチから解放さ れて今まで統けて蒸留水を飲んでいる。私がこのように健康を維持することは蒸留水のおかげで蒸留水が 私の生命を延長させている。

戻る ホーム 上へ

は、有限会社 ナチュラルジェイ の登録商標です。

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、kaiho@natural-j.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2005 有限会社 ナチュラルジェイ
最終更新日 : 2016/04/28